福岡県の小学校で教師と休み時間に遊んでいた児童が頭蓋骨骨折の重傷を負い僅かだか後遺症も残る可能性があるとの記事を読んで、どんな遊びをしていたかははっきりと記載されていなかったが、児童は勢いあまって転倒したとなっていて、その際の重傷は確かに児童は気の毒だとは思うが、教師が暴力を振るったとか故意に転倒させたとなると話は別ですが、楽しく休み時間を過ごしていた出来事のように思えます。

小学校での遊びで転んだりすることは日常茶飯事で、その度に教師が安全を保つ責任を怠ったと提訴されることが頻繁に起こるようなら教師のなり手がどんどん減っていきます。ただ少し疑問に思えるのは教室の中での遊びと書かれていたので、室内での遊びで勢い余って転んだ事が安全責任を問われているのかなとも感じましたが、それでも損害賠償まで請求される事態の事なのかこの記事だけを読む限り、教師の責任はないように思えます。

親としてはかわいい我が子が少しでも後遺症が残り、以前と同じ健康体ではないという悔しさや怒りが学校にぶつけなくては気がすまなかったのでしょう。
今後の経緯は裁判で争われるようですが、ご両親と学校が和解できるような結論に達して欲しいです。